« 平成30年3月「大塩の乱関係資料を読む部会」の予定 | トップページ | 平成30年4月、大阪府立中之島図書館で、大塩の乱180年の記念展が開催されました。 »

2018年3月15日 (木)

吹田市立博物館で薮田会長講演「大塩平八郎を考える-文人の大塩・武士の大塩」

 既告の通り、本会 藪田貫会長による表題の講演会が2月18日吹田市博物館で行われました。宮脇志摩ゆかりの吹田市での講演ということで市民の関心も高く、定員を超える130名程の出席がありました。

P1040089bP1040086b

 講演では、はじめ2月8日に放映された、片岡愛之助のテレビ番組『歴史捜査』への関わりから、「檄文」と「建議書」などから見えてくる、大塩の乱と平八郎の志しを説明されました。

テーマの「文人の大塩」では、田能村竹田、頼山陽・篠崎小竹らとの詩と画を通じた交流。「武士の大塩」では愛刀畠山大和介源正光のこと、地方与力坂本鉉之助・本多為助らとの交流から砲術への関心を深め、堺七堂浜で大砲の実射演習を重ねたが「演じる技前、実用に適い難し」であったと言います。

講演後も演台付近で、藪田会長に質問する人も多く、この地で大塩の乱・平八郎への関心の高さを感じました。

P1040091b2b

(文責 内田正雄、写真 山崎弘義)

 ←HOME

« 平成30年3月「大塩の乱関係資料を読む部会」の予定 | トップページ | 平成30年4月、大阪府立中之島図書館で、大塩の乱180年の記念展が開催されました。 »

その他お知らせ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602527/66499920

この記事へのトラックバック一覧です: 吹田市立博物館で薮田会長講演「大塩平八郎を考える-文人の大塩・武士の大塩」:

« 平成30年3月「大塩の乱関係資料を読む部会」の予定 | トップページ | 平成30年4月、大阪府立中之島図書館で、大塩の乱180年の記念展が開催されました。 »